ホーム > 刊行物 > 学会誌『英語学・英語教育研究』過去の掲載論文一覧

学会誌『英語学・英語教育研究』過去の掲載論文一覧

第1巻 [第1号(1981年)~第3号(1983年)](1984年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也 1
英語教育研修講義・講義概要 4
「英語教育における教材の問題点」 小池一夫
「児童文学と教材」 松本明子
「英語音声指導の要点」 菅原俊也
「コンテスト英会話法」 R.E. フリーマン
「英語教育の現場から」 石田 充
「英詩のリズムについて」 鈴木 弘
「英語教育所感・言語学的概測と共に」 蔡 汝浩
「トールキンの『妖精物語について』の翻訳をめぐって」 青山富士夫
「受動態に関する問題点(書き換え問題の場合)」 菅原俊也
「米人教師から見た日本の英語教育」 J.R. バワーズ
「英語の比喩表現をめぐって」 R. スミス
「英語教育と英語学」 菅原俊也
研究発表・研究発表概要 18
「中学英語の教科書と語彙の研究」 石原宏子
「教育実習について(中学)」 石原宏子
「中学英語教科書の語彙について」 和田利一
「現在完了進行形の指導について」 古田 茂
「総称複数に関する一考察」 倉橋秀弘
「英語の半母音について」 倉橋秀弘
「人称代名詞の研究: “it” とは何か?」 菅原俊也
「名詞の指示性について」 菅原俊也
論文
「擬似否定に関する一考察」 小池一夫  29
「能動受動態の周辺」 松本明子 40
「“時”の認識と言語処理の処理」 菅原俊也 48
教育討論会(中学部会・高校部会・大学部会) 71
参加者親睦会  73
編集後記 G.S.S. 74

▲ページの先頭に戻る

第2巻 -10周年記念号- [第4号(1984年)~第9号(1989年)](1990年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也 2
特別研究論文 3
“On Rushdie Affair” Yoshihide Kawano 3
「Onbūtan からAboutへ」 小池一夫 6
「意義素子論:英語の場合」 菅原俊也 18
「Asleepに関する一考察」 古田 茂 25
「幼児の言語獲得のプロセス」 三好似知子 32
「あいまい性の研究」 諸江哲男 40
「Tess of the D’Urvervilles中の西サクソン方言について」 坂東シゲ子 52
学会活動・研修講義記録 78
A. 学会活動の部 78
B. 研修講義の部 78
C. 海外研修報告の部 138
D. 英語教育研究研修会 140
日本英語教育英学会の歩み 143
日本英語教育英学会創立10周年記念に寄せて 144
編集後記 G.S.S.  159

▲ページの先頭に戻る

第3巻 [第10号(1990年)~第15号(1995年)](1996年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也 1
特別講演
British and American English James C. House 3
研究論文
「複合前置詞 Ūt of の成立とその問題」 小池一夫 15
「『発達言語学研究』英語教育の原則と法則と方法と-『英語教育』の実践方法論的な本質を探る-」   菅原俊也 27
「D.H. ロレンスの短編 “Sun” にみる色彩語の研究」 鈴木秀直 47
「情報のなわ張り理論からみた発話交換構造」 服部幹雄 57
「W.B. Yeatsと神話」 原田美知子 67
「Agatha Christie’s  Death Comes as the Endにおける強意語-副詞veryとso の場合の一考察」 古田 茂 79
「英語法助動詞の多義性に関する考察」 諸江哲男 87
学会活動・研修会報告(第10号以後) 101
編集後記 小池一夫 105

▲ページの先頭に戻る

第4巻 [第16号(1996年)~第18号(1998年)](1999年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也
研究発表掲載論文
「動詞の叙実性と時制」 山岡 洋 1
「翻訳の原理と法則」 菅原俊也 17
「文構造と伝達の関わり-等位節とPUNCTUATION MARKSを中心に-」 小池一夫 35
「外来語研究:カタカナ語と翻訳-英語教育の見地からの諸相-」 菅原俊也 57
「斉藤謙三と斉藤塾の英学教育をめぐって」 小野沢 隆 77
「意義素子論:二つの指示性
-冠詞の指示性と人称代名詞属格語の指示性-」
菅原俊也 89
玉川大学教授・退任記念講演〔収録〕
「英語教育と英語研究の軌跡」 菅原俊也 99
編集後記 113

▲ページの先頭に戻る

第5巻 [第19号](2000年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也
研究発表掲載論文
「等位接続詞ANDの働きとその表現」 小池一夫 1
「『前提』に関する一考察」 山岡洋 21
「動詞がもつ“時”の概念について-英日対照の視点から見た時の表し方-」 松久保暁子 43
「類義語の研究:類義語の類義牲の分析-『類義性の実体の解明』を求めて」 菅原俊也 63
中学・高校・大学 各部会報告 
中学部会報告「英語による発信能力を高める指導を目指して」 [発題者]
中学部会長
山下泰弘
81
高校部会報告 [記録者]
高校部会長
伊藤雅巳
83
大学部会報告「大学における英語教育改善の試み」 [発題者]
大学部会担当(副研究部長)
服部幹雄
85
編集後記 編集長 G. Scarborough. 87

▲ページの先頭に戻る

第6巻 -20周年記念論文集- [第20号](2001年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也
研究発表掲載論文
英文学部門
「社会構造の差異と客観の受容-『ロミオとジュリエット』と『曾根崎心中』」 木原文子 1
英語学部門
「品詞転換に見る意味的特徴」 小池一夫 19
‘ “Have + V-en” in English and “-TA” in Japanese’   Hiroshi Yamaoka 41
「時間の不可逆性とモダリティ」 吉良文孝 69
「句動詞についての一考察-put を中心に-」 松久保暁子 93
英語教育部門
「初期言語教育と言語映像:明示性と暗示性」 菅原俊也 107
中学・高校・大学・各部会報告
大学部門「英語の初等教育の在り方:改革と現実」 服部幹雄 139
編集後記 編集子 141

▲ページの先頭に戻る

第7巻 [第21号](2002年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也
研究発表掲載論文
「中間言語としてのモダリティ獲得のための言語環境」 黒滝真理子 1
「BE GOING TOの表す意味」 我妻明子 13
「現代英語の字母中の文字の配列の謎」(寄稿論文) 菅原俊也 15
「動詞の選択と表現効果」(寄稿論文) 小池一夫 47
英語教育部門
‘A Comparative Study of Japanese and Chinese Junior High Schools Textbooks’  Hang Mei Hong (黄 梅紅) 63
言語学部門 「現代英語の字母中の文字の配列の謎-現代英語の字母の文字の配列  の規則性-」 菅原俊也 75

▲ページの先頭に戻る

第8巻 [第22号](2003年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也
研究発表掲載論文
英語教育部門
「生徒が英語につまずく時」 長瀬俊久 1
英語学部門
「受動態と主語」 山岡 洋 19
言語学部門
「映像言語学:言語理解の三態と映像」 菅原俊也 37
翻訳論部門
「英語と日本語の翻訳にみる映像の比較:A. ドーデの場合」 三好似知子 65
部会課題討論
英語教育部門
中学部門「評価論」 新田真紀 77
編集後記 紀要編集部 79

▲ページの先頭に戻る

第9巻 [第23号](2004年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也
研究発表論文
英語教育部門
「中国における外国語教育史-歴史の課題:外国語教育と文化教育-」 黄 梅紅  1
英語学部門
「品詞分類再考」 山岡 洋 17
言語学部門
「『映像言語学』:『比喩の発生と原理』-『ケニング』を中心に映像言語学を踏まえて-」 菅原俊也 41
部会課題討論
英語教育部門
大学部会「学生による授業評価とその問題」 飯村龍一 95
編集後記 紀要編集部 99

▲ページの先頭に戻る

第10巻 [第24号](2005年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也
言語学部門
「日英語における時間表現の比較」 山岡 洋 1
英語学部門
「英語動詞における意味分担」 小池一夫 31
「矛盾文とモダリティ」 吉良文孝 49
「GO-ING形について」 我妻明子 63
英語教育部門
「Business Communicationのための専門語彙の育成」 高橋信弘 75
言語学:英文法部門
「意識と映像:英語の冠詞の謎」 菅原俊也 87
大学部門「教養科目としての大学英語」 服部幹雄、飯村龍一 133
編集後記 編集子 139

▲ページの先頭に戻る

第11巻 -25周年記念号- [第25号](2006年発行)

記念祝辞・謝辞 会長 菅原俊也 1
「日本英語教育英学会創立25周年を迎えて」 副会長 小池一夫 4
研究発表部門
英語教育部門
「大学で求められる英語教育について-変化と期待されるもの-」 飯村龍一 9
英語学部門
「古英語の名詞とその概念-『船』を中心として-」 小池一夫 15
「文法化にみられるModal-markerとDiscourse- marker の相関関係」(記念寄稿論文) 黒滝真理子 33
「自動詞と他動詞の双方に用いる動詞の関連性について」 松久保暁子 39
言語学部門
「言語映像意味論:『言語の意味の存在の本源はどこにあるか-言語の意味の本源的獲得』」(記念寄稿論文) 菅原俊也 52
「『総称性』と『特定性』の段階的区別について」 山岡 洋 93
英米文学部門
「W.B. イエイツの詩における血のイメージ」 原田美知子 117
研究ノート・他
「映像言語学と英語教育」 菅原俊也 127
「25年前の英学会との繋がりと私の英語学習方法」 瀬戸宏子 132
「学校英文法を考える」 長瀬俊久 136
「イギリス小説雑記」  木原文子 37
「スープ店 “Soup Stock” 」 井村 猛 138
「英学雑感-原点と課題-」 小野澤 隆 139
学会の推移・変遷
「学会の沿革とその回想」 菅原俊也 145
「学会の足跡:過去・現在『日本英語教育英学会の25年間を概観する』」 小池一夫 150
「日本英語教育英学会25周年を辿る」 小池一夫 152
寄稿・投稿・回想文集
会員からの便り
「英学会に寄せて」 新田真紀 165
「英学会と私」 三好似知子 166
「日本英語教育英学会と私」 山岡洋 167
「英学会と私」 松久保暁子 169
「私と英学会」 福島美枝 170
「英学会と私」 中平道子 171
「英学会と私」 森 秀夫 172
「あれから20年:理想と現実のはざまで」 中里喜彦 173
「英学会に寄せて」 川住千鶴 174
親睦親和部門
記録の映像:思い出スナップ 177

▲ページの先頭に戻る

第12巻 [第26号](2007年発行)

巻頭言 会長 菅原俊也
研究発表論文
英語教育部門
「IT Deviceを用いた語学学習」 長瀬俊久 1
「高校生の英語ライティングスキルの分析」 飯村龍一 11
英語学部門
「他動詞と削除可能な目的語に関する意味論的考察」 松久保暁子 33
「日本語と英語の品詞比較」 山岡洋 47
英文学部門
「アニタ・ブルックナーの『秋のホテル』」 木原文子 85
言語学部門
「言語情報は如何に組み立てられ、如何に理解されるか-情報の配列と構造」 小池一夫 97
「映像言語学:言語の“始原性と習得”の本質的実態-効果的な英語教育のために:『感嘆詞』と『模写語』を巡って」 菅原俊也 115
部会課題討論
英語教育部門
「小学校での英語の導入を考える」 コーディネーター・基調講演 小松原 炎 147
「観点別評価の現実と将来性」 コーディネーター・基調講演 鈴木千貴 149
編集後記 編集子 153

▲ページの先頭に戻る

第13巻 [27号] (2008年発行)

巻頭言 名誉会長 菅原俊也 i
研究発表論文
英語教育分門
「小学校教育現場の英語活動の状況」 飯泉 松文 1
「英語学習意欲とALTとの関わり」 新田 真紀 25
「大学における英語教育の現状-社会の必要とする人材を育成するに当たって-」 岡田 朋子 31
「節度ある英語教育のすすめ-浜松大学の試み」 小野澤 隆 37
英語学部門
「英語語彙と文体について-原作と段階別教本 (Graded Reader) との比較- 松久保 暁子 43
「受動化と総称性の相関関係」 山岡 洋 67
「英語における連結手段とその種類」 小池一夫 99
英米文学部門
「Prometheus とAsiaとで築いた人類の新世界」 鈴木 弘 121
英国事情部門
「ハイネが見たイギリス首相ジョージ・キャニング」 山崎 良介 127
言語学部門
「映像言語学:言語学意味論:「映像と文法」論-言語映像とその意味の認知 英語の学習とその指導法を視野に入れて-」 菅原 俊也 133
「発信のための外国語学習を」 大野 浩 161
特別寄稿報告
現場からの報告「中学校から小学校に転任して」 山下 泰弘 167
編集後記 編集子

▲ページの先頭に戻る

第14巻 [28号] (2009年発行)

巻頭言 名誉会長 菅原俊也 i
研究発表論文
英語教育部門
「ロジャーの「学生中心教育」とカランの「学習者中心教育」」 桑村テレサ 1
「論考:小学校英語:その学習の実相と改善策を求めて」 菅原俊也 15
英語学部門
「英語基本動詞の考察-語彙習得の視点から-」 松久保暁子 79
「英語の遠近感覚と表現」 小池一夫 93
「身体語彙  ‘headとその同根語の研究-本来語と借用語の語義派生比較-」 井村 猛 113
「談話構築プロセスから見た節複合、接続および修辞構造のはたらきについて」 飯村 龍一 123
部会課題討論
英語教育討論会「英語の基礎力とは何か」 長瀬俊久 149
編集後記

▲ページの先頭に戻る

第15巻 [29号] (2010年発行)

巻頭言 名誉会長 菅原俊也 i
研究発表論文
英語学部門
「遡及動名詞構文に関する一考察」 鈴木和帆 1
「不定詞  a/an と数詞oneの関係」 津波佳典 15
「英語の結果構文における解釈について」 工藤俊 27
「英語の文型に関する一考察」 山岡洋 43
「数の概念と体系の史的考察」 小池一夫 75
言語学部門
「映像言語学:その原初的論考-「比喩と映像」」 菅原俊也 107
第29回 大会 英語教育討論会報告
「新学習指導要領「英語で授業」の期待される効果と課題」 長瀬俊久 135
編集後記 紀要編集部

▲ページの先頭に戻る

第16巻 [30号]  -学会創立30周年記念号-(2011年発行)

巻頭言 名誉会長 菅原俊也 会長 小池一夫 i
研究発表論文
英語教育関連部門
「「小学校からの英語の音声教育の可否」について」 中田憲三 1
「学生の基礎学力の現状と授業改善の在り方について-英語の内在化に向けて-」 岡田朋子 9
「大学入試に見る英語音声の出題傾向を考える」 古田 茂 13
(研究ノート)「フレーズ・リーディングの使用に関する一考察 -中学3年生を対象とした場合-」 大澤美穂子 25
英語学関連部門
「人称の体系と視点」 小池一夫 36
「人称の語用論的側面」 服部幹雄 51
「談話における人称代名詞の選択と機能について-選択体系機能言語学とコーパス言語学の視点から-」 飯村龍一 61
「語り手による人称代名詞の使い分けがもたらす文体的効果-Kazuo Ishiguroの作品から-」 松田麻利子 90
「現代英語における法助動詞のムード」 山岡 洋 106
「分詞とその修飾関係について」 我妻 明子 136
「身体語彙footとその同根語に関する研究」 井村 猛 148
「冠詞と名詞句の主要語の関係」 津波 佳典 160
「同等比較で最上級の意味を表すことができるか― as… as any (…) as everの本質-」 八木 克正 170
言語学部門
「日英語の間主観的モダリティとポライトネス」 黒滝真理子 188
「意味論:「ケニング」とその言語映像(イメージ)-古代英語研究:「ケニング」の映像論的性格特性を求めて-」 菅原俊也 200
英文学関連部門
「英米文学の人間くささ/政治くささ-英米テクストへの視線」 鈴木 章能、向井 秀忠、関戸 冬彦、江藤 秀一 244
特別寄稿集
「ウォレス・コレクションの絵画『トルコのパトロール』について」 山崎 良介 276
「実践的語学力への道」 大野 浩 285
「今の学校教育について思うこと」 高野 良彦 293
「教師をやってきての悩みと喜び」 飯泉 松文 296
「雑感-英語科教員に求められること-」 根本 良政 302
部会課題討論・報告
「英語教科書VISTA」編集会議 山口 友司 304
日本英語教育英学会 第30回大会シンポジウム 報告「小学校での英語教育に期待するもの」 小松原炎、長瀬俊久、新田真紀、松久保子、天野暁子 305
日本英語教育英学会 『英語学・英語教育研究』研究発表者一覧 長瀬俊久 325
編集後記 学会編集部 333

▲ページの先頭に戻る

第17巻 [31号] (2011年発行)  

巻頭言 小池 一夫 1
英語教育管見寸言 菅原 俊也 5
英語教育:漱石の英語とカタカナ論考 菅原 俊也 11
英語のイントネーションと発話の意味に関する一考察
— 話し手の心を伝えるイントネーションの特徴を中心に —
藤上 隆治 45
英語教育の接続に関する課題-小中高がさらに協力し合うために 日臺 滋之 55
談話における否定表現のはたらきとテクスト展開の方略-アプレイザル理論からのアプローチ- 飯村 龍一 69
古英語の名詞屈折語尾の形態と意味 小池 一夫 103
Student-centered Education における教師介入について-規範の問題とその克服を巡って 桑村 テレサ 127
報徳思想と英学-岡田良一郎と冀北学舎をめぐって- 小野澤 隆 141
大学入試センター試験(英語筆記問題)の課題点-作問者の立場から 鈴木 章能 153

▲ページの先頭に戻る

第18巻 [32号] (2012年発行)

研究論文
英語の数表現と母語話者の言語認識 小池 一夫 5
英語における名詞の複数形の意味 松久保 暁子 33
中学校英語検定教科書における題材の練習問題に関する研究  ―中学3年生を対象とした授業実践を中心に― 大澤 美穂子 57
英語教育:“SEE”と“HEAR”とその意味 菅原 俊也 77
研究ノート
SweetとJespersenの冠詞の捉え方 津波 佳典 109
教育事情(平成25年3月現在) 菅原 俊也 127
至言・金言・教育言 菅原 俊也 133

▲ページの先頭に戻る

第19巻 [33号] (2013年発行)

巻頭言 飯村 龍一 1
英語発音のカナ表記を再考するための基礎的研究 -表記の変遷とカナ表記に関する是非論をめぐって- 藤上 隆治 3
英語基本動詞の選定基準 松久保 暁子 17
「有界性」の適用可能性 山岡 洋 39
明治十四版『英國憲法論』(翻訳書)論考
-A Primer of the English Constitution and Government をめぐって-
小野澤 隆 65
中学3年生を対象にした定型詩の創作に関する実践    -メッセージ性と文法指導の関係を中心に- 大澤 美穂子 85
『これからの英語教育』英語教育の新たな視座-「分かる英語教育」から「分かってしまう英語教育」へ- 菅原 俊也 99
教育事情(2) 菅原 俊也 146
至言・金言・教育言(その2) 菅原 俊也 151

▲ページの先頭に戻る

第20巻 [34号] (2014年発行)

巻頭言 飯村 龍一 1
研究論文
【英文学】
Peter McMillan訳『小倉百人一首』について

原田 美知子

3
【英学】
米医Henry Hartshorne と原著A Conspectus of the Medical Sciences論考
-医学訳書『七科約説』をめぐって-

小野澤 隆

29
【英語教育】
大学生が英語の絵本の読み聞かせ活動を通して得たもの

大津 理香
辻川 美和

49
【英語学】
前置詞の意味と機能
-前置詞の意味と機能の実質を求めて-

菅原 俊也

71
特別寄稿
教育関連情報(その3) 菅原 俊也 107
至言・金言・教育言(その3) 菅原 俊也 111
『英語学・英語教育研究』投稿規定   113

▲ページの先頭に戻る

第21巻 [35号] (2015年発行)

巻頭言 飯村 龍一 1
研究論文
【英学】
日本の英語教育・英語学研究における二つの巨星
―斎藤秀三郎と市河三喜の英語へのこだわり―
小池 一夫 3
【英語教育】
英語教育カタカナ使用論
菅原 俊也 35
実践報告
専門科目における小学校英語活動実践の取り組み 松久保 暁子 73
特別寄稿
教育事情(その3) 菅原 俊也 81
至言・金言・教育言(その3) 菅原 俊也 85

▲ページの先頭に戻る

第22巻 [36号] (2016年発行)

巻頭言 飯村 龍一 1
研究論文
【英語学】
子供向けの物語における文法的メタファーのはたらき
飯村 龍一 3
強変化動詞から弱変化動詞へ鞍替えした動詞 小池 一夫 31
英語の完了形が表す「時間指示性」 山岡 洋 47
人称代名詞論:三人称単数(女性)を中心に 菅原 俊也 65
【英語教育】
大学の矜持と英語教育 ―最高学府意識と学問意識―
菅原 俊也 73
特別寄稿
教育事情(その4) 菅原 俊也 109
至言・金言・教育言(その4) 菅原 俊也 113

▲ページの先頭に戻る

第23巻 [37号] (2018年3月発行)

巻頭言 飯村 龍一 1
研究論文
【英語教育】
これからの英語教育の展望
鈴木 将道 3
【言語学】
乳幼児の言語獲得と英語教育の新認識
― 小学校英語学習の意味ある理解のために―
菅原 俊也 23
特別寄稿
教育事情(その5) 菅原 俊也 77
至言・金言・教育言(その5) 菅原 俊也 79

▲ページの先頭に戻る

d