ホーム > 刊行物 > 学会誌 LEORNIAN過去の掲載論文一覧

学会誌LEORNIAN過去の掲載論文一覧

第1号(1997年)

巻頭言 菅原俊也 1
「愛に生きたふたりの女-Thomas MiddletonのWomen Beware Women とJohn Webster のThe White Devil -」 木原文子 3
「本来語と借用語の語彙分担-OE ScyrteとON Skyrtaを中心に-」 小池一夫 17
「語義交差に関する考察 -AlternateとAlternativeについて-」 諸江哲男 29
「従属節中の時制に関する研究 -日本語の動詞補文について」 山岡洋 41

▲ページの先頭に戻る

第2号(1998年)

「ある独学の英学者-齋藤謙三をめぐって-(その1)生い立ち」 小野沢 隆 1
「“My Laurel Is All Withered” -John WebsterのThe Duchess of Malfi-」 小池一夫 17
「Anglo-Saxson Gospelの言語と文体 -St. Matthew Ⅶ. 24-27 -」 小池一夫 27
「Discourse Completion Testの問題点」 服部幹雄 41
「英語に見られるケルト語の軌跡-スコットランド方言とアイルランド方言の音韻的比較研究-」 諸江哲男 51

▲ページの先頭に戻る

第3・4 合併号(1999年)

「家父長制社会と女性-『ロミオとジュリエット』にみる自己主張-」 木原文子 1
「英語における女性指示語の下落化現象」 木原文子 11
「yeah, yup の機能についての一考察」 服部幹雄 17
「中学校1年次の英語教科書にみる文法項目の配列順序-三人称単数現在形を中心に-」 松久保暁子 35
「英語語彙homeとhouseの語彙論的考察-類義関係の観点からの分析-」 諸江哲男 51

▲ページの先頭に戻る

第5・6号 合併号(2001年)

「広告テクストにみる英語法助動詞のはたらきについて」 飯村龍一 1
「言語とジェンダー」 小池一夫 17
「大学教育改革時代の英語教員-現実と課題-」 服部幹雄 31
「複文における主節の『透明性』」 山岡洋 37

▲ページの先頭に戻る

第7号(2001年)

「会話における発話機能の選択と談話構築プロセスの研究-映画の会話(screen dialogue) 分析にむけて」 飯村龍一 1
「認識領域の2面性-カモシレナイ再考-」 黒滝真理子 37
「基礎学力・学習意欲に欠ける生徒達と辞書を使った指導- “マスローの三角形”の視点から-」 小松原炎 43
「短大英語系学科の教育改革-カリキュラム運営面からの提言-」 服部幹雄 53
「中国語の単音節方位詞の翻訳について」 藤瀬礼子 59
「前置詞の意味を含む動詞にみる他動詞と自動詞の特徴」 松久保暁子 67
「英語語彙HouseとHomeの歴史的発達-意義からの分析-」 諸江哲男 77

▲ページの先頭に戻る

第8号 合併号(2003年)

はしがき 5

第Ⅰ部 菅原俊也先生の御経歴

菅原俊也先生の御経歴 9
菅原俊也先生主要著作目録 11
英語教育と英語研究の軌跡(再録) 菅原俊也 17
古代英語の代称的比喩表現-「ケニング」の発生と成立を巡って:『さすらい人』と『海行く人』を中心に- 菅原俊也 35

第Ⅱ部 論文

「新聞報道記事テクストにおける文法的比喩化現象のはたらき」 飯村龍一 57
「形容詞NearとLateの比較変化語形と意味」 小池一夫 77
“Adjective, Adverb or Adjunct?” Suzuki, Hidenao 89
「動詞standの多義性-身体的な経験に基づく多義性の研究について-」 松久保暁子 97
「名詞由来動詞に見られる意味派生の方向性」 我妻明子 107
「『総称文』に関する一考察」 山岡洋 117

書評論文

“Between Polysemy and Monosemy” Kira, Fumitake 131

第Ⅲ部 菅原俊也先生の古稀に寄せて

菅原先生との雑談 服部幹雄 157
研究者そして教育者の鑑-菅原俊也先生を師と仰いで- 小池一夫 158
菅原先生と英語史の授業-後悔と希望- 小松原炎 164
菅原先生の清冽さ、清新さ、そして「日本英語教育英学会」 黒滝真理子 165
最高の出会い 三好似知子 167
菅原俊也先生-古稀記念論文集に寄せて- 長瀬俊久 169
編集規定及び投稿規定 171
編集後記 172

▲ページの先頭に戻る

第9号 (2005年)

英語学分野論文

「英語における補助表現に関する一考察」 飯村龍一 9
「英語の質量単位とその語源」 井村 猛 21
「英語前置詞の意味関係」 小池一夫 33

英語教育分野論文

「留学生の英会話習得方法-日本の高校英語教育への応用の可能性-」 川島眞澄 47

▲ページの先頭に戻る

第10号(「仮定法」特集号) (2006年)

英語学分野論文

「英文法を考える」 小池一夫 1
「動詞wishの意味的特徴と仮定法について」 松久保暁子 19
「英語補文における仮定法現在と直説法現在-2種類の『時制の一致の例外』」 山岡 洋 31

英語教育分野論文

「『仮定法』その用法の扱いをめぐって」 鈴木秀直 51

▲ページの先頭に戻る

第11号 (「英語教育法」特集号)(2007年)

「談話における動詞want文の働きについて ─ライティング指導の視点から─」 飯村龍一 1
「英語史より見た宣教師 ─H. コーツを中心に─」 小野澤 隆 9
「Semicolonに関する考察 ─原作とGraded Readerとの比較─」 松久保暁子 23
「現代英語の「法」が表す世界」 山岡 洋 39

▲ページの先頭に戻る

第12号 (「ことばの音」特集号) (2008)

【論文】

「古英語と現代英語における語順と意味の関連性」 小池一夫 1
「英語のストレス記号の位置を考える」 藤上隆治 17
「能動受動態が容認可能であるための条件」 山岡 洋 23

【研究ノート】

「トマス・ハーディの語りの視点 - ‘An Imaginative Woman’ の場合-」 天野暁子 39

【報告書】

「シンポジウム『音声(発音)教育に関する今後の展望』についての報告」 諸江哲男 51
「中学校における音声(発音)指導」 粕谷尚史 59
「カナ発音による英語音声指導」 井村 猛 63
「SELHiにおける「リーディング」の実践とその成果 我妻明子 69

▲ページの先頭に戻る

第13号 (「言語の違いを考える」特集号) (2009)

【論文】

「Thomas Hardyの虚構の視点 — ‘The Fiddler of the Reels’ の場合—」 天野暁子 1
「日英語における技術テクストの特徴 —主語と主題を中心に—」 飯村龍一 11
「名詞の数的処理と不定冠詞との関わり」 小池一夫 29
「英語学習入門期における英語動詞の提示順序」 松久保暁子 49
「動詞補文における「無標領域」について」 山岡 洋 75

▲ページの先頭に戻る

第14号 (「文型」特集号) (2010)

【論文】

「Genuine を巡る身体語彙の語源と文化的背」 井村 猛 1
「知覚動詞構文のアスペクトに関する一考察」 佐藤健児 9
「気づきのある英語音声指導の試み −大学の英語授業にあてはめた場合− 」 藤上隆治 23
「文型における補語と目的語の問題点」 山岡 洋 37

▲ページの先頭に戻る

第15号 (「日本の英語教育の問題点」特集号)(2011)

【論文】

「語義変化とその背後に潜む意味要素の認識」 小池一夫 1
「助動詞willの説明方法に関する考察」 鈴木将道 13
「フレーズ・リーディングのあり方を考える −高校英語教科書・教師用指導書を中心に−」 外山 徹 27

▲ページの先頭に戻る

第16号 (2012)

【論文】

「複合前置詞の構造と意味 —In Front Ofを中心に—」 小池一夫 1

【研究ノート】

「大学におけるESP教育のすすめ」 藤上隆治 13
「意味構成要素に関する教授法についての提案」 諸江哲男 21

▲ページの先頭に戻る

第17号 (2013)

【論文】

「コーパスを用いた類義語の言語コンテクスト分析
―BNC Fiction Textsにおけるproblemとdifficultyの事例分析―」
飯村龍一 3

【研究ノート】

「「適応戦略」を用いた英語教育 —文化的多様性へのまなざしをもった思考力と英語力のために—」 桑村テレサ 33

▲ページの先頭に戻る

第18号 (2014)

【寄稿論文】

等位接続詞 Andと文要素の関連 小池 一夫 3

【論文】

フィクション・テクストにおけるconflictの概念分析 飯村 龍一 21
基本語彙の定義再考-日本語を母語とする英語学習者を対象に- 松久保 暁子 39

▲ページの先頭に戻る

第19号 (2015)

小学校英語の教科化をめぐって-英語のアルファベット文字指導に関するシラバスの提案- 大澤 美穂子 3
日常生活における高頻度の英語基本動詞の特徴 -絵辞書、語源を参考に- 松久保 暁子 15

▲ページの先頭に戻る

第20号 (2016)

物語テクストにおける会話ユニットのはたらき
 -テクスト構築の視点から-
飯村 龍一 3
Remarks on Hyperbolic Expressions in English and Japanese Shun Kudo 23

▲ページの先頭に戻る

21号 (2017年12月発行)

 
物語テキストにおける問題解決プロセスの定式化に向けて
 ―問題解決者としての主人公を中心に―
飯村 龍一 3
物語テキストにおける感情表現分析 飯村 龍一 23

▲ページの先頭に戻る

22号 (2018年6月発行)

英語のわかりやすい表現と文体 小池 一夫 3
物語発話における「は」と「が」の使用
 ―英語を母語とする日本語学習者のデータから―
鈴木 一徳 23
可算名詞の無冠詞単数使用と意味情報の関わり―部分と機能への焦点化- 増渕 佑亮 37
ジョン・フレッチャーの劇における歌による癒し 辻川 美和 51

▲ページの先頭に戻る